1から始める数学

数字の1を定義するところから始めて現代数学を築きます。ブログの先頭に戻りたいときは、表題のロゴをクリックして下さい。

現代論理学(その24)

現在2020年2月3日17時40分である。麻友「おっ、真面目にやる気になった」私「いつだって、真面目だよ」若菜「真面目かどうかより、書けるだけの時間的余裕がある、ということですね」結弦「相対性理論のブログの『「やっほー」の効果(その7)』という投稿…

現代論理学(その23)

現在2020年2月2日21時11分である。麻友「なんか、全角の文字と、半角の文字が、混在しているわね」私「このブログで、今後16進数のゼミを始めるとなると、全角の数字は、扱い難いと気付いたんだ」麻友「でも、『現代論理学(その23)』の『23』は、全角…

16進数学(16は素数かどうか)

現在2020年1月24日19時16分である。麻友「あらっ、16進数にするって言いながら、2020年は、10進数だわ」私「人間は、10進数使っているって言いながら、例えば、60秒で1分、60分で1時間、というように、60進数も、使っている」麻友「そういえば、12時間で、半…

16進数学

現在2020年1月22日17時12分である。麻友「始めたー!」私「16進数学、本当に作ってやる」麻友「そんなもの、今までなかったから、完全に、1から、作らないとね」私「本当は、私、1から始める数学と、いったら、論理は取り敢えず問題に」 ここまでは、トント…

現代論理学(その22)

現在2019年11月9日11時16分である。麻友「あれっ、このブログは、凍結したのではなかった?」私「うん。今年の8月31日の記事を最後に、凍結してあった」麻友「凍結を宣言したのは、相対性理論のブログの、『『数学』というゲームの企画書(そ…

現代論理学(その21)

現在2019年8月31日18時18分である。麻友「私の提案、受け入れたのね」私「上手く行くかどうか分からないけど、ちょっと、やってみようと思ってね」 読んでいる人のために説明しておくと、『女の人のところへ来たドラえもん』というブログで続けて…

ふたりの子供(その2)

現在2019年8月2日10時06分である。麻友「太郎さん。最近は、よく眠れてるようね」私「暑くなって、疲れてるせいかも知れないけど、私の病気って、油断できないんだ」麻友「結局、太郎さんの病気の症状って、どういうものなの?」私「この私に現れ…

ふたりの子供

現在2019年8月1日20時03分である。麻友「このブログにも、あの子供達を、登場させるのね」私「あの子供達が、現れた経緯を、きちんと話しておかないと、誰も真面目に、このブログを読まないだろうから、はっきりさせておこう」麻友「太郎さんと私…

1の定義

現在2019年7月30日19時41分である。麻友「一気に、話を、進めるのね」私「今日、ブルバキ『数学原論 スペクトル論』最新版が、発売された」ブルバキ『数学原論 スペクトル論』(シュプリンガーフェアラーク)Théories spectrales: Chapitres 1 et…

これは何のためのブログか

現在2019年7月20日20時10分である。私「新しいブログ、始めたよ」麻友「とうとう、始めたわね」私「これから、1から始めて、全数学を、築く」麻友「『1から』というのに、何か意味があるの?」私「普通、現代の数学は、空集合 の存在を認め、 …